« 平成22年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会 | トップページ | 平成24年度 プロジェクトWILD&WET+PLT合同全国大会について »

2012年2月13日 (月)

平成23年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会について

プロジェクトワイルドに関係するイベント情報です


このイベント情報はブログサイトを利用しています。
宣伝広告やリンクサイトは一般財団法人公園財団及びプロジェクト・ワイルド事務局とは関係がありませんのでご注意ください。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

  平成23年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会について
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆共同開催も3回目となりましたプロジェクト・ワイルド&ウェットの合同全国大会は、今年度もたくさんの指導者の方・一般の方にご参加いただきました。
今年度は、より参加者の皆さんが主体となった全国大会にすべく、多くのファシリテーターの方に企画~運営に関してご協力をいただき、より参加者の皆様そして事務局が一体となってできた大会となりました。

【実施日時】:平成24年2月11日(土)~ 2月12日(日)
       11日(土)13:30~21:00
       12日(日)8:30~15:00

【会場】:高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)
【主催】:(財)河川環境管理財団  (財)公園緑地管理財団

diamondオプションプログラム:プロジェクト・アドベンチャー
 プロジェクト・ワイルドすぎなみさんが主体となって企画した、プロジェクト・アドベンチャー体験。自由参加でしたが、多くの方にご参加いただき、全国大会前に交流を持ている場として“参加してよかったsign01”との声を多くいただきました。
Pa_2

diamond参加者プログラムdiamond

<oneいろいろいっぱい、色いっぱい・・・井上 博夫氏>
 色は生きるための手段であり、子孫を残すための生き残り戦略であることをアクティビティを通じて学びます。
Photo
<two流域の水の保全と利用を考える・・・橋本淳司氏>
 流域内での水の利用を、流域内で考えるプログラムです。
Photo_2
<three世界地図で体験学習!!・・・中川貴之氏>
 大きな世界地図を使ってできる、待受型アクティビティー体験です。
Photo_3
<four小学校の総合的な学習でのWILD・WET・PLTの実践・・・佐藤敬一氏>
 実際に小学校で行ったことを再現しながら、WILD・WET・PLTの各プログラムを体験です。
Photo_4

<fiveプロジェクト・ワイルドKIDSCLUB自然発見塾in国営昭和記念公園・・・漆原敏之氏>
 国営昭和記念公園での6年間の活動報告をはじめ、大きなプログラムの組み立て、国営公園施設および自然環境の活用事例のご紹介です。
Photo_5
<six社会科・理科におけるプロジェクトWETを活用した環境学習・・・岸本勝義氏>
 絵本の活用方法の紹介やプロジェクトWETを学校の授業に取り入れる有効性についてのご紹介です。
Photo_7
<sevenいきもののきもち・・・玉川大学学生環境保全委員会>
  “やさしいことば”をテーマとしてPW「第一印象」をアレンジしたアクティビティです。
2
<eightWETガイドブック2.0 新アクティビティ 正しい水分補給・・・西由紀美氏>
 ロープで大きな人間の形をつくり、運動等によって体外に出る水、食事等で補給される水などを全員でシミュレートします。
Photo_8
<nineふくろうのペリット 実体験と動物園連携・・・大鹿聖公氏>
 フクロウが口から排泄した塊である「ペリット」。このペリットから取り出した骨をきれいに洗って、骨格図の上にある骨と同じ形のものを探して置いていきます。
1
<onezeroWETガイトブック2.0 新アクティビティ 侵入者!・・・谷口浩史氏>
 参加者が動物(水辺の魚)の在来種と外来種に分かれ、外来種が次第に繁殖していく様子をシミュレートします。
Photo_9
flairお悩み相談ミーティングflair
 今大会では、事前に参加者の皆さんより“日頃のお悩み・疑問・相談事etc”をお伺いし、以下の6テーマに分けてそれぞれお悩みなどの話し合いを行いました。

1.広報・知名度UP・人集め
2.連携・ネットワーク
3.実践の場づくり
4.幼児向け
5.学校での活用事例・アプローチ方法
6.アクティビティ活用・アレンジ方法
Mtg
clover今大会を振り返ってclover
 各プログラムのディスカッションやミーティングでは、今後の両プログラムのあり方や方向性について、様々なヒントやアイデアをいただきました。
ご参加戴いた皆様、ご協力、ご支援を戴きました皆さま有り難うございました。

今後もこのような大会を設けたいと思いますので、今回参加できなかった方、これから指導者を目指される方、ぜひ次回の大会にご参加くださいませnote
Ss

« 平成22年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会 | トップページ | 平成24年度 プロジェクトWILD&WET+PLT合同全国大会について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1454145/69954264

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会について:

« 平成22年度 プロジェクト・ワイルド&ウェット合同全国大会 | トップページ | 平成24年度 プロジェクトWILD&WET+PLT合同全国大会について »